« 2010年10月 | トップページ

金運が良くなる ボージョボー人形

ボージョボー人形

ボージョボー人形

金欠病克服と金運アップに効果のあるボージョボー人形の紹介です。

ボージョボー人形は世界仰天ニュースで有名になりましたが、天皇陛下がサイパンを訪れたときにサイパン政府から贈呈されたことでも有名です。

サイパンの先住民族・チャモロ族が古くから親しんできた、つる草の実とココナッツの繊維で作られとても素朴な愛と富を成就させる願掛け人形です。

裏話として、チャモロ族は本来はサイパンの住民ではなく、戦争によって強制的に移民させられ、その苦しみの中から幸福を願って作られた言われています。比較的新しい人形なのですね。

ボージョボー人形を購入しますと、男性と女性がペアになって送られてくます。金運をアップさせるには、無駄なお金は使わないという姿勢を表現するように

願をかけるのが男性であれば胴体に手足がついた男性の人形の両手を後ろで結びます。

女性の人形は送られてきたままの状態で何もしません。

願をかけるのが女性であればスカートを穿いている女性の人形を両手を後ろで結んでください。

男性の人形は送られてきたままの状態で何もしません。

あとは見えるところに飾って「強く信じる」だけです。これだけで金運がアップするのですからとても楽ですね。エケコ人形のようにお供え物も必要がありません。

黒猫に命を救われた 太田道灌

ミニ招き猫/黒。手のひらサイズの招き猫。

ミニ招き猫/黒。手のひらサイズの招き猫。

 

黒猫は魔除けや幸運の象徴とされていますが、とても有名な話があります。

江戸城を建てた室町時代の武将であった太田道灌が45歳のときに江戸・江古田・沼袋の戦で敗れて日も暮れて道に迷い困り果てていたときに1匹の黒猫が現れたのです。

黒猫は太田道灌に向かって手招きをするのですね。

困り果てていた太田道灌ですから、何も考えずに黒猫の後をついていったのです。

行った先は現在の東京都新宿区にある自性院(じしょういん)でした。

ここでゆっくりと体を休め、一夜を過ごしたのです。

翌日、兵を集めて陣容を立て直して再び戦に出て、勝利をおさめることが出来たのです。

太田道灌はこの黒猫を大切に育てました。黒猫がなくなったときに、自性院に墓を建て猫の地蔵尊を奉納したのです。

この由来が一般的に言われている「招き猫発祥の地 自性院説」になっているといわれています。

太田道灌は永享4年(1432年)生まれで、幼少のころから英才の誉れが高く、父親からは「知恵が過ぎれば大偽に走り、知恵が足らねば災いを招く。」とまで言われています。

頭が良かっただけでなく、霊感も優れていたようで、江戸城を建てるようになったきっかけは夢のお告げだったそうです。

太田道灌が江戸城を建てたのは25歳のときと言われていますから驚きますよね。

彩絵招き猫(みけ)

彩絵招き猫(みけ)

招き猫(まねきねこ)は、前足で人を招く形をした、猫の置物。猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、古くは養蚕の縁起物でもあったが、養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物とされている

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。両手を挙げたものもあるが、“欲張り過ぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多い。

地の色が伝統的な白や赤、黒色の他に、ピンクや青、金色のものもあり、色によっても「学業向上」や「交通安全」(青)、「恋愛」(ピンク)など、意味が違う。黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。

今戸神社説

今戸神社(いまどじんじゃ)とは、東京都台東区今戸一丁目にある神社である。

招き猫発祥の地のひとつとしても知られる。

伝わっているところによると、江戸時代末期、界隈に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして売ったところ、たちまち評判になったという。

これが招き猫の発祥とも言われ、現在では今戸神社は招き猫発祥の地として多くの招き猫が奉られている。

また、焼物として使うこの土地の粘土が良質の物だった事から、今戸焼が栄えた事もある。

豪徳寺説

東京都世田谷区の豪徳寺が発祥の地とする説がある。

江戸時代に彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩した。すると雷雨が降りはじめた。雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。

和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔った。後世に境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児(まねぎねこ)が作られるようになった。ちなみに、この縁で豪徳寺は井伊家の菩提寺となったといわれる。幕末に桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓も豪徳寺にある。

また、同じ豪徳寺説でも別の話も有る。直孝が豪徳寺の一本の木の下で雨宿りをしていたところ、一匹の三毛猫が手招きをしていた。直孝がその猫に近づいたところ、先ほど雨宿りをしていた木に雷が落ちた。それを避けられたことを感謝し、直孝は豪徳寺に多くの寄進をした…というものである。

これらの猫をモデルとしたもうひとつのキャラクターが、井伊家と縁の深い彦根城の築城400年祭マスコット「ひこにゃん」である。

前述のように、招き猫は一般に右手若しくは左手を掲げているが、豪徳寺の境内で販売されている招き猫は全部右手(右前足)を掲げ、小判を持っていない。これは井伊家の菩提寺であることと関わりがあり、武士にとって左手は不浄の手のためである。そして小判をもっていない理由は「招き猫は機会を与えてくれるが、結果(=この場合小判)までついてくるわけではなく、機会を生かせるかは本人次第」という考え方から。

自性院説

東京都新宿区の自性院が発祥の地とする説がある。

ひとつは、江古田・沼袋原の戦いで、劣勢に立たされ道に迷った太田道灌の前に猫が現れて手招きをし、自性院に案内した。これをきっかけに盛り返すことに成功した太田道灌は、この猫の地蔵尊を奉納したことから、猫地蔵を経由して招き猫が成立したというもの。

もうひとつは、江戸時代中期に、豪商が子供を亡くし、その冥福を祈るために猫地蔵を自性院に奉納したことが起源であるとするもの。

伏見稲荷説

京都市伏見区の伏見稲荷大社が発祥の地とする説がある。

他にも、東京都豊島区の西方寺起源説、民間信仰説などいくつもの説があり、いずれが正しいかは判然としない。

招き猫のモデルは、毛繕いの動作(いわゆる「猫が顔を洗う」と言われる動作)ではないかという説もある。

招き猫の現在

日本一の生産地は愛知県常滑市である。他の名産地としては同県瀬戸市があり、ともに主として陶器製である。ほかに群馬県の高崎市近郊などで、達磨とともに、同じ製法で生産されている(木型に和紙を張る「張り子」によるもの)。更に近年はプラスチック製品なども登場し、今でも毎年数多くの招き猫が流通している。

929日は「招き猫の日」に制定されている。この日の前後の土日を中心に、三重県伊勢市、愛知県瀬戸市、長崎県島原市などで来る福招き猫まつりが開催されている。

悪霊を追い払い願いを叶えてくれる 鬼っ子

【2個以上送料無料】風水 鬼っ子(大) SCZ-1211(幸福丸)赤

【2個以上送料無料】風水 鬼っ子(大) SCZ-1211(幸福丸)赤

「鬼っ子」って親に似ていない子供のことを言うそうですね。

どうして風水 鬼っ子が厄払いをしてくれたり、願い事を叶えてくれるのか不思議でした。そこで少し調べてみましたら、鬼は魔よけに役立ち、寝ている姿は「果報は寝て待て」ということらしいです。

ちょっと安易な考え方のような気もしますが、「寝て待て」は好きですし、鬼の顔も決して怖くはありませんので、気に入りました。

でもこんなに可愛い鬼でも悪霊を追い払ってくれるのでしょうかね。

ちょっと心配もしますが、飾りにはちょうど良いかも。

結局のところ「鬼っ子」は単に鬼の子供の意味だったのですね。お疲れ様!

寂しいときにそっと寄り添ってくれるエンジェル

エンジェル置物[アンブレラ]

エンジェル置物[アンブレラ]

天使が二人もいてくれて嬉しいですね。

一人だけの天使も悪くはありませんが、ちょっとさびしいですよね。

ところで、天使って何歳くらいなのでしょうね。

体型だけを見ていると2歳~7歳まででしょうが、幸福を届けてくれる能力があるのですから、精神年齢はもっと上でしょうね。

一人ぼっちでいるときに2人の天使が慰めてくれると思うと、寂しさや悲しさはきっと半分以下になるのではないでしょうか。

大金は無理かもしれませんが、経済的に余裕が出るかも?

黄金の二宮金次郎像

黄金の二宮金次郎像
昔は学校の校庭に飾られていた二宮金次郎の像ですが、最近はとても少なくなっていますね。

これは、明治時代に国の予算を作成するにあたって二宮金次郎の仕法を参考にしたことによって、明治政府が奨励して銅像を建てたと言われています。

勤勉で苦学をしたイメージがとても強いですが、倹約をして財政を立て直したことも一部の間では有名なのですが、あまり知られていません。

15cmの高さがあって机の上に置けばかなりな存在感があります。

景気の悪化や震災の影響で苦しい経済状況に追い込まれている日本ですが、せめて元気さは失うことなく、そして勤勉に励めば必ず目標が達成できると信じて進むことができるように飾ってほしい黄金の二宮金次郎像 です。

2012年を飛躍の年にしたい!!貧困からの脱出

開運招福干支の置物 「彩耀招福辰(八方招き金龍)」陶器製(薬師窯)金屏風PC台座付き 天に上る金龍

開運招福干支の置物 「彩耀招福辰(八方招き金龍)」陶器製(薬師窯)金屏風PC台座付き 天に上る金龍

2012年は龍の年ですね。何とかして貧困生活から抜け出したいと願っています。

この置物を飾っておけば少しはご利益があるのではないかと勝手に思っているのですがね。

現実的にはあまり効果は期待できないでしょうが、せめて年末年始だけはちょっとだけでも良いので豊かになれる気分を味わいたいのです。

色も素敵ですよね。

金屏風もついて消費税込みで1050円ですから、私にも工面ができそうです。

出来るだけ早く飾って2012年に向かって夢を膨らませます。

夢がもてるだけでも安い買い物ではないでしょうか。

財布の中身が少ないと思っている方にはおすすめします。

577円で1ヶ月楽しめる クリスマス

マジックスノーマン・MAGIC SNOWMAN

マジックスノーマン・MAGIC SNOWMAN

クリスマスにはクリスマスツリーを代表として飾るものがたくさんありますが、自分の手で育てて部屋のインテリアとして使えるものは少ないのではないでしょうか。

マジック スノーマンはトレイにマジックウォーターを入れてあげると1時間ほどで、雪が中から出てきます。

この不思議な生育状況を見ているだけでも楽しいです。

まさしく野菜に水を与えて自分で育てている感覚です。

半日すると写真のようなマジック スノーマンが出来あがります。

自分の愛情を注いだような気になって愛着わき、一味違ったクリスマスを楽しめるのではないでしょうか。

説明によりますと室温で30日は持つそうです。

季節商品ですから品切れが心配されますので、早めに購入されて、適切な日に育てるとよろしいかと。

577円で1ケ月楽しめますよ。

倒産速報 明日はわが身 思い出づくりの旅行ガイド 料理・温泉・観光 三朝温泉(鳥取県) とっておきの夫婦旅行 和倉温泉(石川県) とっておきの夫婦旅行 山代温泉(石川県) とっておきの夫婦旅行 有馬温泉(兵庫県) とっておきの夫婦旅行 道後温泉(四国・愛媛県) とっておきの夫婦旅行 かみのやま温泉(山形県) とっておきの夫婦旅行 湯野浜温泉(山形県) とっておきの夫婦旅行 肘折温泉(山形県) とっておきの夫婦旅行 草津温泉(群馬県) とっておきの夫婦旅行 玉造温泉(島根県) とっておきの夫婦旅行 宇奈月温泉(富山県) とっておきの夫婦旅行 下呂温泉(岐阜県) とっておきの夫婦旅行 由布院温泉(大分県) とっておきの夫婦旅行 直行バスで温泉に行こう! 遊び心のあるユニークなインテリア ローカルな旅 四国旅行 四国 美味めぐりの旅 四国 感動できるおすすめの観光スポット  四国で感動が得られるおすすめの観光情報 美味しいものを探して四国の旅へ 

生きていくために必要な幸福を呼び寄せるための置物??

福々ひねり狸 信楽焼たぬき R9-5 14号

福々ひねり狸 信楽焼たぬき R9-5 14号

ダイエットをすすめたくなるような体型ですね。

でも痩せた狸って似合わないですね。

信楽焼 の狸は昔から知っていましたが、

その意味までは全く知りませんでした。

単にユニークな遊び心のある

日本の代表的な置物としか思っていなかったのです。

狸の笠は災難を避けるため、

大きな目は前後左右に目配りをして正しい判断をするため、

愛嬌のある顔は楽しく暮らすため、

徳利は飲食が足りるようにとの願い、

通は信用を得て四方八方に友人や知人を作るため、

大きなお腹は小さなことにクヨクヨせず太っ腹でいるため、

金袋はお金に困らないため、

尻尾は終わりをまっとうさせるためとのことです。

すばらしい置物だと思いませんか。

生きていくために必要な幸福を呼び寄せるための置物だったのですね。

枕一つでさらに健康になれる!東京西川 まくら「肩楽寝枕」

東京西川 まくら「肩楽寝枕」医師がすすめる健康枕 男性向け 高め(50×40cm)西川枕

東京西川 まくら「肩楽寝枕」医師がすすめる健康枕 男性向け 高め(50×40cm)西川枕

枕ってただ安眠さえ出来れば良いものだと思っていましたが、そうではなかったのですね。枕一つの間違いで首コリや肩コリはもちろん、腰痛にまで影響があると言うのですから、とても大切なものだったのですね。

全く知りませんでした。脅かすようですが、「うつ病」「不眠症」「頭痛」「めまい」や「慢性疲労症候群」まで引き起こす可能性があると言いますから大変なことです。

これは東京大学医学部を卒業した医学博士である松井孝嘉先生が「図解どこに行っても治らなかった病気が首で治せる」という本の中に書かれていることですから。

健康的な生活を送りたいと思って、ダイエットに励んでいても、別のところで間違いをしていても意味が少なくなってきます。

愛妻が買ってきてくれた枕を何の疑問も持たずに使っていました、次に購入するときには健康も考えて購入したいと思っています。

« 2010年10月 | トップページ