« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

東横イン 名古屋丸の内

今回のような親子二人旅だと、どうしても二人分の宿泊費がかかるのですが、添い寝プランのおかげで二泊一万円以内(オマケに朝食付き)でのが出来ました。

ビジネスホテルでも二泊二人分の朝食付きにすると、それだけで4000円かかることもありますので、もうめちゃくちゃありがたいプランでした。

名古屋城に行くにも地下鉄乗り継ぎするより近い、徒歩圏内でした。

便利さと快適さで又利用したいです。

来年再来年もこの企画を期待しています。

愛知県 名古屋駅・伏見・丸の内 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。

名古屋駅・伏見・丸の内 楽天トラベル格安宿泊ランキング

東横イン 名古屋丸の内

「ただいま」と「お帰りなさい」のイイ関係。やさしさと温かさをあなたに伝えたい。愛知県名古屋市中区丸の内1-4-20

【お料理】

朝食も7:00~9:30まで おにぎり・お惣菜・サラダ・お味噌汁や・ドリンクバー等、野菜中心のバイキング形式にて無料サービスを行っています。(ドリンクバーは ~10:00まで)

【観光スポット】

五条川の桜(愛知県岩倉市他) のんぼり洗いの五条川に美しい桜のトンネル 岩倉市内だけでも7.6kmの川の両岸に約1600本の桜並木が続く。川幅が狭いため、五条川は桜のトンネルを流れているかのような美しさ。川の中では、伝統的なのんぼり洗いの作業風景が見られる。桜の時期には桜まつりが開かれ、山車巡行とからくり実演など多彩な催しがある。夜桜も見事。日本のさくら名所百選。

上毛かるた

上毛かるた(じょうもうかるた)は、1947年(昭和22年)に発行された郷土かるたである。群馬県の土地、人、出来事を読んでいる(全44枚)。上毛とは群馬県の古称。

毎年1月の予選大会の後、2月に行われる上毛カルタ県競技大会に向けて、群馬県内の子供達は冬休みを利用するなどして練習に励む。そのため、子供時代を群馬県で過ごした人はかるたの読み札をほぼ暗記している。

札の中で、「ち」の札だけは時代によって、読み札の文言が変化する。「ちから あわせる ○○万」の○○の箇所に、その時の県人口が入るためである。1993年から、200万となっている。

1998年には英語版も発行されている。財団法人群馬文化協会が発行元であり、各種の著作権を有している。

1946年(昭和21年)、旧制・前橋中学出身の浦野匡彦(のちに二松学舎大学学長に就任)は満州から故郷・群馬へ引き揚げ、恩賜財団同胞援護会県支部を取り仕切り戦争犠牲者の支援に取り組んでいた。敗戦後の世情は混乱し、戦争孤児・寡婦などの境遇は悲惨なものだった。また、GHQの指令により、学校教育での地理・歴史の授業は停止されていた。人一倍郷土を愛し、誇りに思っていた浦野は、群馬の子供たちには愛すべき故郷の歴史、文化を伝えたい、という思いを募らせていった。

そのような中、1946年7月15日に前橋で開かれた引揚者大会で浦野は安中出身のキリスト教伝道者、須田清基と出会い、かるたを通じて群馬の歴史、文化を伝えることを提案される。1947年1月11日の上毛新聞紙上で構想を発表し、県内各方面から題材を募った。郷土史家や文化人ら18人からなる編纂委員会が44の句を選び、その年内に初版12,000組が発売された。翌1948年には第一回上毛かるた競技県大会が開催される。

感激でした!ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

感激でした!ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県 箱根 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
箱根 楽天トラベル格安宿泊ランキング


ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ 
ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパは、ハイアットインターナショナルが運営する日本初のスパリゾートホテルとして、2006年にオープンいたしました。温泉街の喧騒から離れ、四方を自然に囲まれた環境の中、「邸宅(ロッジ)」をコンセプトに、ハイアットタッチの洗練されたインテリアデザイン、リゾートホテルならではの開放感、そして友人の邸宅に招かれたようなアットホームな空間とサービスで、皆様をお迎えしております。さまざまなスパメニューをお楽しみいただきながら、どうぞごゆっくりとおくつろぎください。
強羅温泉 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320

お客様の声
次の日がバースデーだったので、お泊りの計画を立てました。チェックインで いきなりお部屋のアップグレードを 伝えられ とても感激!お部屋に案内してもらい広くて清潔感があり落ち着いたお部屋に 感激!そしてなにより 従業員の皆さんの笑顔ともてなしに 感激でした。12時チェックアウトだったので ゆっくりできました。ありがとうございました。

上山温泉

上山温泉(かみのやまおんせん、Kaminoyama Hot Spring)は、山形県上山市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。村山総合支庁管内に位置する。古くは同じ山形県の湯野浜温泉、福島県の東山温泉と共に「奥羽三楽郷」に数えられた。 温泉街は湯町、新湯、十日町、河崎、高松、葉山、金瓶の7地区から構成されている。そのため、各地区をそれぞれ個々の温泉とみなし、しばし上山温泉郷とも表現される。 温泉街では湯巡手形を発行している。温泉街には100円で入場できる7軒の共同浴場(湯町の湯、新湯・澤の湯、葉山共同浴場、二日町ふれあいの湯、中湯、下大湯、新丁・上の湯)が存在する。 温泉街に存在する月岡神社では、10月中旬に上山菊まつりが開催され、数多くの菊が展示されるなど風情が見られた。 開湯は長禄2年である。肥前出身の旅の僧侶・月秀が、温泉で傷を癒している鶴を発見したとされる。そのため、古くは「鶴脛の湯」の別名があった。 江戸時代には当地に上山城および上山藩が置かれ、温泉地としてのみならず城下町としても繁栄した。 また羽州街道の宿場町としても賑わいを見せた。 近年は、山形新幹線の駅名に合わせて、ひらがなの表記「かみのやま温泉」が用いられることが多い。 温泉|別府|沖縄|京阪電車|国内ツアー|三朝|和倉|山代|有馬|道後|かみのやま|湯野浜|肘折|草津|玉造|宇奈月|下呂|由布院|直行バス|沖縄|京阪電車|四季倶楽部|通販生活|景気|徳島|湯田|香川|高知|伊東|長野市|名古屋駅|倉敷|修善寺|東京|秋田|インテリア

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »